エコカーに対する補助金が終了

最近の日本の車市場は「エコカー」全盛といっても過言ではありません。 たとえば、車メーカーのホームページを見ても車販売店のチラシを見ても「エコカー減税」「エコカー補助金」などの文字を見かけないことはないかもしれません。 このエコカー減税や補助金とはいったいどんなものなんでしょうか。 まず「補助金」とは、正式名称は「環境対応車普及促進対策費補助金」といいます。 環境対応車への買い替えや購入に対する補助制度です。 自家用車に関しては、2010年9月30日で終了する予定です。 事業者はすでに受付を終了しています。 9月30日までに新車登録されることが条件で、この期間内なら10月29日まで補助金の申請が可能となっています。 ただ、補助金交付申請額が国の予算額を超えた時点で自動的に終了するので、くれぐれも早めに申請するにこしたことはありません。 エコカー補助金は、古い車を廃車にして一定の環境性能を有する車を購入すると、乗用車で25万円、軽自動車で12.5万円の補助が受け取れます。 一方、古い車の廃車を伴わない新規購入の場合、乗用車で10万円、軽自動車で5万円の補助があります。